2018年4月5日木曜日

業種専門ホームページ作成サービス 廃棄物処理業者編

ホームページ作成業者は業種専門になる


学生が起業するとき、なによりも人気のサービスがホームページ作成業になるのではないでしょうか?
20代で社会経験がない状態でコンサルタントは厳しい。クライエントが納得するわけもない。
手に職を付けるにしても学生時代に専門知識を身につけておかなければ厳しい。
そうなってくると、一番、手を付けやすいところがホームページ作成業者。
言わずもがなの乱立状態になるわけです。

ホームページ作成業は戦乱割拠

誰も彼もホームページ作成業者を始め、更に言えば、Wixをはじめとする作成方法をしらない人でも作れるサービスも乱立。ちょっとデザインをかじった程度の人がネット上で「ホームページ作ります!」とホームページ作成業サービスを始めたところで、注文が入るのは至難の業。
乱立していることでプロはますます質を上げ、一歩も二歩も先んじる。
やるとわかる、この業種は普通にやっても1年、2年は問い合わせが1件くるかこないかというレベルです。
正直、あまりオススメできない業種です。

そんな僕もホームページ作成業者でもあります。

ただそんな理由で、ホームページ作成業者だけをやっている会社というのは少なくなりつつある。それ以外の事業を立ち上げることもあるけど、このサービスを他社と差別化する工夫もでてきました。

業種専門のホームページ作成業者になるという選択

そこで、今、多くのホームページ作成業者が行っている他社との差別化は、一つの業種専門になるということです。
ターゲット顧客をせばめることになるけども、逆にこの方がお客様のニーズに叶うことが多い。
その業種の隅から隅までを熟知すれば、ターゲット層の考えや好み、導線を熟知していることで、デザイン以外のもっと細部にわたった提案ができるからです。
むしろ、これからの時代はデザインだけでは生きていけない。
ホームページ作成業者に依頼をした方が口をそろえて言うのは、
「ホームページ作成業者といってもこの業界の素人だからねー」
半分、諦めているような発言。なかなか伝わらないというのが本音のようです。
たとえばヨガ教室のホームページは女性のウェブクリエイターの方が適していることが多いのは、そのホームページの顧客ターゲット層に近いが故に一つのマーケティング行程をクリアしているせいなのかもしれません。
それと同じように、たとえば、廃棄物処理業者の元役員が現在、転職してホームページ作成業者をやっているのならば、一層のことその業種専門になってしまった方が、より精度の高いホームページを提供して、効果を発揮することで顧客に喜ばれるのではないでしょうか?

廃棄物処理業者専門のホームページ作成業者の誕生

ということで、自分自身のことを言っているのですが、廃棄物処理業専門のホームページ作成サービス、ecoWebがここに誕生したわけです。
実際、打ち合わせしていても、話がスムースなんですね。なにせおよそのことはわかっているので、雑談もその業界のこと、全部ついて行けてしまう。
毎度、この業界からの依頼があるとある意味、気持ちが楽だったので、それならばと専門になりました。
ホームページ作成業者の方は、たとえば、複業オーケーの会社であれば、アルバイトをしてでもいろいろな業種に触れてみることで、より精度の高いサービスが提供できるかもしれません。
アルバイトはなにもお金を稼ぐためだけの手段ではなく、どっぷり取材をするという手段にも使えるのは、友達の役者が教えてくれたことです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

業種専門ホームページ作成サービス 廃棄物処理業者編

ホームページ作成業者は業種専門になる 学生が起業するとき、なによりも人気のサービスがホームページ作成業になるのではないでしょうか? 20代で社会経験がない状態でコンサルタントは厳しい。クライエントが納得するわけもない。 手に職を付けるにしても学生時代に専門知識を身に...