2018年2月27日火曜日

脱サラ、フリーランスの末路がタダの転売屋

「過去の実績を全く使わない」は不利


会社を辞めて新たな一歩。フリーランスデビュー。それでも過去の実績は積極的に活用するべきという話を知人のエピソードを元に紹介します。
友人に超一流企業から脱サラして現在、フリーランスで仕事をしている人がいます。
彼は元エンジニアでしたが、もっと人と関わる仕事がしたいという思いから辞表を出しフリーランスになりました。

ゼロスタートは茨の道

始めたことはマーケティングのコンサルタント事業。
元エンジニアの彼にとって、ビジネスマーケティングの分野はいわば素人です。
それでも自信があったのはたくさんのビジネス書を読み、そのビジネス書からモチベーションを高められていたからです。
でも、自分にもできる!という気持ちは木端微塵に打ち砕かれます。

多くのビジネス書は「モチベーションを上げるための快楽」を与えるエンターテインメント

ビジネス書を読むと自分にもできる!と思えるようになります。
だれでもできる!という切り口で本が売られているのは、誰にでも買ってもらいたいからです。更に言えば、書店で1,000円や2,000円で売っている知識で1時間5,000円のコンサルタントをするなんて虫が良すぎるのです。

全く客がつかずに貯金が底をつきました

その頃になってようやく私のところに事務所に相談に来られました。
ちなみにクライエントとしてではなく、一知人として。
なぜ、もっと早く手を打てなかったのか?
それは、「コンサルタント」と名乗っている以上、自分が人に相談するなんてプライドが許さなかった。そんなことが知られたら商売にならない。そんな気持ちからだったのかもしれません。

なぜ、今までの実績を使わない?

エンジニアという仕事が合わなかった。嫌だった。やりたくないから辞めたのに、今までの実績を使うなんて、また、元に戻るようで無理です。
何もエンジニアに戻った方が良いと言ってるわけではありません。
まずは、エンジニア向けにコンサルタントをすることもできるのでは?という提案でした。
彼の気持ちはわかる。でも、自分の強み、実績を全て捨てて、丸腰の素手でビジネスをしても誰も相手にしてくれない。せめて、今の自分のやりたい方向にその実績をアレンジして使ってみたらどうだろう?と言いたかったのだけど、伝わりませんでした。

30代、とりわけ40代以後のフリーランスデビューは過去の実績を使ったほうが絶対にいい。何かしらやってきたという時間と労力があるはずです。
過去の実績と未来の目標にジャンル的な隔たりがあったとしても、まずは過去の実績を使いながら、未来の目標にフィットするように進むべきだと思います。

結局、丸腰でできることは?

実績も、資格もなく、丸腰でできることは限られています。そういうものは参入が簡単だから多くの人の中で勝たねばならなくなり、長期戦か、薄利になることでしょう。
結局、彼は、それでも自分の過去の実績を使うことなく、今、何をやっているのかというと・・・
amazonでヤフオクより安く売られている商品を見つけて出品するというアプリを使いながらその差額でお金を稼いでいます。
それが、やりたくてフリーランスになったのだろうか?ダメだとは言いませんが、結局のところ、ただ、会社を辞めたかったというだけだったのかもしれません。

2018年2月7日水曜日

フリーランスの仕事探し

40代以後のフリーランスデビュー

40も過ぎると、知り合いの親御さん世代のお通夜にでることが多くなる。
また、喪服の出番か・・・なんて思うと、クリーニングは次でいいか・・・なんて思ってる時点で不謹慎極まりない。
人生80年だとしたら折り返しもすぎたところで、あぁ、自分もいつかこの人生が終わる日が来るのか・・・なんてことをリアルに感じ始めるのも多分、40代という年齢なのだと思う。
それでも同世代の人達が、なかなか日の目も浴びることができず芸術の世界で夢を追い続けている光景を見ると応援すると同時に心配にもなる。
口が裂けても「あきらめるな!」なんてことは言えない。

40代でフリーランスは遅いのではなく、そうせざるを得ない場合が多い


40代で芸術家。芸術のスキルを生かして広報関係の仕事の面接に行くと、年齢不問とは書いている割に軽くあしらわれて落ちるという現実があちこちであるらしい。
実は最近、そんな相談をうけました。落ち続けているのだという。
40だろうと、50だろうと、生み出される芸術、イラストや音楽に年齢は関係ないだろうに、なぜ、採用されないのだろう。
実際、コンテンツに年齢は全く関係ない。表向きには見えない年齢制限かけてくるんだから、組織っていうやつは複雑怪奇としか言いようがない。
結局、仕事の中身ではなく、組織運営上、扱いづらいということなのだろうということは予想が付く。

仕事がないならクラウドソーシング

今でこそ、定期的にお客様から案件をもらえるようになったので仕事は安定しているけども、仕事が少ないときはクラウドソーシングのお世話になっていたこともある。
自分にできる案件を片っ端からやっていた。時に数百円にしかならない案件もあったし、AからZまで作って納品したのにコンペ形式なので選ばれずに一銭にもならないこともあった。
それでも、やらないようりはマシ。バイトするか本業でかじりつくか?の選択がそこにはあった。
ただクラウドソーシングはそういう意味で最後の砦で良いと思う。

クラウドソーシングは疲弊する。

まだ、余裕のある人は、しっかり営業をして良質なクライエントさんを見つける方が先だ。自分に合うお客さんというのは仕事をしていて気持ちがいい。
話していて建設的になれるし、楽しい、ウマが合うととにかく成果で応えたいという思いが生まれて自分の仕事の質も上がっていきます。
クラウドソーシングは安く釣りたいという気持ちで仕事を発注している人も少なくない。

どう営業すれば良いのか?

顧客獲得!となると結局、SNSとかSEOとかそういうところに帰結して、ここの難易度も相当高く、もう無理・・・となってしまう。
そこで思うのが、フリーランスはフリーランスで組めばいいということ。

今からSNS、SEOを本を買って学ぶよりも、組んだ方が早い

フリーランスの中にはいくらでもウェブクリエイターがいて、そういう人達はSNSの使い方や、SEO、ブログの運営などに精通している人がたくさんいる。
更に、この分野はトラップが多く、効果のない情報や書籍、商材などが渦を巻いて待ち構えている分野。下手に手を出すとお金をむしり取られる狩り場と化している。

ウェブで成功している人を見つけることが第一

逆にそういうツールを使う人はコンテンツが不足していて差別化に苦しんでいる。
そういう人達とコンテンツクリエイターが組めばバランスがいい。

フリーランスが集まる場所に行く

更に言えば、そういうフリーランスが集まるフリースタイルのオフィスが都内を中心にできているので、まずはそういうところでフリーランス仲間を募ることが良いのかもしれません。

業種専門ホームページ作成サービス 廃棄物処理業者編

ホームページ作成業者は業種専門になる 学生が起業するとき、なによりも人気のサービスがホームページ作成業になるのではないでしょうか? 20代で社会経験がない状態でコンサルタントは厳しい。クライエントが納得するわけもない。 手に職を付けるにしても学生時代に専門知識を身に...