2017年10月26日木曜日

実務第一、資格なんかいらないは本当か?

実務第一、資格なんかいらない


最近のビジネス書の多くの主張がこちらではないでしょうか?
ということで、僕は反論をしてみたいと思います。

もちろん、実務は第一です!

資格擁護派も、資格第一なんてことは言っていない。
その資格がなければ仕事ができないような専業資格であっても、実務第一、資格は第二程度なんでしょう。
資格だけあっても収入はありませんが、実務があれば資格がなくてもサポートができて収入は入ってきます。
専業資格以外であっても、資格は優先順位として第三以下かもしれません。

僕が「されど資格を!」と考えるわけ

僕自身、事業を興しているので、多くのビジネス書を参考にしますが、皆さんもきっと同じ、読む本が偏っていませんか?
いつも本屋さんの同じコーナーにばかり行って、世の中には他のいろいろなジャンルがあることに気付かないまま、そのジャンルは盲目となり、突き進んでしまうなんてことになってはいませんか?
資格にもいろいろありますが、資格はそういう趣味嗜好に走ってしまう事業家にとっては、興味のないものも学べるチャンス。
興味がなかったものへモチベーションを生み出す格好のツールだと思います。
たとえば、経営者が、経営学を学ぶのはうなずけますが、経済学をあえて基礎から学ぼうと思うでしょうか?
でも、経済学を学ぶことで経営に行かせるノウハウも必ずあるはずです。
これは中小企業診断士の例です。
市場の均衡点をつかめることで、次に取るべき戦略も決まってくる。新聞の情報を実務に転換できるのは、経済学の知識があるからだと思います。
趣味嗜好だけで独学を続けていると、抜け落ちる知識がきっと出てくるでしょう。

資格は外部効果より内部効果のため

だからこそ、必要ないと思っていても、ウェブのプロフィール欄に一行足せる程度の外部効果かもしれませんが、それ以上の内的効果があります。
資格は自分磨きの一つ。

それでも資格は不要という方

資格の代替えはメンター。コンサルタントでしょう。
とりわけ、そういう方は有資格者であることが多い。
結局はそういうところで、資格で学べる知識を活用していたわけです。
つまり、資格取得は将来のコストカットにもつながるという効果もあるわけですね。

2017年10月16日月曜日

ジャンルでウェブサイトを分けるべきか?のSEO対策


ターゲットが異なるサービスの場合、ウェブは分ける分けない?


問題です。以下の場合の適切なウェブの展開方法を答えなさい。


会社Xの中には、a事業部とb事業部があります。

a事業部では、企業向けサービスxと一般家庭向けサービスyを取り扱っています。

b事業部では、一般家庭向けサービスzを取り扱っています。

この場合のウェブの構造として適切なものは?

1.全て同じページにする。

2.事業部別ページにする
3.ターゲット別ページにする

適切とは何を持って適切というのか?

それは、ただ一点、ユーザビリティです。ターゲットが情報を得るときに関連情報を得やすい状況はユーザビリティが高い状況と言えます。

たとえば、1の場合

zの情報が欲しい、一般家庭に主婦にとって、事業者向けのxの情報はあまり欲しい情報ではないと言えます。yも掲載されていますが、xがあることで情報が埋もれてしまうリスクもある。

2も同様

事業部別にするのは、情報提供側の都合でしかありません。

基本は3を選ぶことになります。

よくSEOではどうですか?という質問が上がりますが、以前のようにテクニックでSEO効果を上げる時代はとうに終わっています。
ユーザビリティ=使いやすさを向上させることが、そのままSEO対策に繋がると思って間違いありません。

ドメインは分けた方が良いですか?

更に言えば、ドメインも性格を帯びてくると言われています。
ターゲットごとにドメインを分けることもまた、有効な手段と言えるようです。

2017年10月13日金曜日

シェアオフィスもいいけど共有すればもっとお得。

神奈川県で活動しているとぶち当たる集客の壁


神奈川県で集客の壁?と思われる方も多いかもしれませんが、神奈川県でも、横浜市と川崎市を除けば、経済活動は縮小気味。
統計的には上り調子でも、郊外にも大企業の拠点がありそれが平均値を引っ張っていっているだけで、中小企業や個人事業主にはいずれも厳しい現状がある。

それを最も如実に表しているのは商店街。

これが完全なる物的証拠。
シャッターに絵を描いて街を彩ろうという活動があちこちであるけども、焼け石に水のように思えるのは正直な感想。
一生懸命な方には申し訳ないけども。


それでも頑張ろう!と言う活動はNPO法人のような利益を追求しない団体がやるべきことで多くの個人事業主や企業は、利益度外視でそんなことをしていたら、家族を養うどころか自分自身の老後が危険な末路になってしまう。

神奈川県央で起業するとき

とりわけ神奈川県央地域の起業家がどのようなスタンスをとればやっていけるのか?という課題は、ここ10年以上の県央で事業を営んできたのでそこそこ熟知しているつもりです。
陥ってしまいがちなことは、地元を盛り上げよう!という事業主も地元、顧客ターゲットも地元で回していこうというスローガン。
これが一番危険でそもそもそれでは商店街がシャッター街になってしまった最たる理由をたどるだけ。
自分の住む国の経済が低迷しているのならば、「外貨」獲得に乗り出さなくてはいけない。
つまり、国を地元に例えるならば、都心の企業や個人を顧客ターゲットにすることのほうが先決です。
地元はあくまで活動場所、仕入れたものを加工する場所にします。
自分のレベルが上がったところで、地元まで来てくださいといえば、来てくれる取引先も出てくるはず。
でも、それまでは、とにかく外に出ることを強くオススメします。
とりわけ、個人であれば、事務所を地元。ときに自宅兼事務所でも良いかもしれない。

都心に週に1~2回でも通えるサテライトオフィスがあればベスト。

僕が描く構図では、例えば、この曜日は新宿オフィスにいます!という都心にいます!の日を週にまずは1日つくる。

これだけで顧客ターゲットは県央地域だけで運営するときと比較して数倍に膨れ上がります。
市場のあるところに店を出す。これは事業の鉄則だからです。
そこで売上げを上げて、税金を地元で納めれば、これこそ地域還元です。
国に例えるならば外貨獲得。国が潤う一つのセオリーなわけです。

週に1日のオフィスはどうすれば獲得できるか?

時間貸しのレンタルオフィスがあります。

1時間1,000円程度からあるので、週に1日であれば、週に8,000円。
一ヶ月、32,000円になります。
ここが週一都心オフィスのスタート地点。

もしくは共同でオフィスを借りる。

僕が今、構想を描いているのは、神奈川県央地域、もしくはそれ以外の地域の方とネットワークを作り、共同でオフィスを借りてシェアすること。
そうすれば、ある程度の資材(パソコン)なども置きっぱなしで済みますよね。
シェアオフィスは基本的に資材を置いておけない。共同で借りることで共同でルールを作ることができます。

新宿でも、月々10万円も出せば30平米の事務所は借りることができます。
これを曜日ごとに分けたり、面積で分けたりすれば、1ヶ月2万円を下回るレベルでサテライトオフィスが誕生するわけです。
とりわけシェアオフィスでは来客対応がオプション有料の会議室を予約しなくてはいけなかったり面倒ですが、共同で借りた場合、その曜日はいつ来てもらってもOKなので、顧客対応がスムースになります。
そういう起業家ネットワークが神奈川県で作れたらという思いでこのブログをスタートしてみます!

地元民同士まとまりましょう!と言うよりも、それぞれが積極的にビジネスを展開できるようにシェアできるものをシェアして、フリーランスや小規模事業者ではできなかったことを大々的にやっていきましょう!という思いです。

2017年10月8日日曜日

ワードプレスのAMP化後のエラーは回避できない?

amp

運営中のWordpressをAMP化する方法は2つ

  1. プラグインを使う
  2. AMP対応テーマに切り替える
2つに一つです。ただ、どちらにしても、以下のメールがGoogleからやってくるのは必至。

Search Consoloより「AMPページのエラーを修正してください」


エラーの箇所をチェックすれば、使ってはいけないタグが使われていますよ!という内容です。
それはそうです。
AMP化前の記事ですから、当然、画像はimgタグですし、Youtubeの埋め込みもiframeタグです。

プラグインによっては以下のようになります。

AMPページでは、記事の中にimgタグで埋め込まれた画像はそのスペースだけ残して非表示になる。
それはそれで格好が悪い。

実に悩ましいワードプレスのAMP化

記事の中の<img>タグのすべてを<amp-img>タグに変換するのもどうにか大変です。
過去記事一つ一つ、書き直すことになるのでしょうか。
なにか、裏技がある方がいらっしゃれば教えていただきたいくらいです。

後からのAMP化は悩む!先にAMP化が必須。

いずれにしてもAMP化は、現在、運営中のモノを途中から対応するのがなかなか骨の折れる作業になります。新規でサイトを作るときは、織り込み済みで対応しておくに越したことはないのかもしれません。

AMP化でデザインをきっちりやりたいときは・・・

AMP化したページはなにも同じドメインでなくても良いそうなので、人気記事だけAMP対応して外側にHTMLで作るというのも「離れ業」として使っても良さそうな気がします。

AMP対応ページ一本勝負はオススメしません

AMP対応。2018年に向けた気付き

Googleのウェブ管理ツールを使っていてampというワードに気付いた去年。
今年になって本格的に導入を試みた。
そのレビューです。

AMPの説明はこちらに引用しておきます。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。出典:SEO HACKS
イメージとしては、一見、PCサイトページに対するスマホサイト専用サイトのような感じですね。
PCサイトとスマホサイトを一括で表現できるレスポンシブサイト、いわゆる可変デザインが主流になって定着したところに「再び分けろ」という寝耳に水の話がAMPなのでしょうか?

このAMP、「スマホサイト」ともまた違うくせ者

スマホでURLに直接、アクセスしてもこのAMPサイトに飛ぶわけではない。
そういう意味でスマホサイトともまた違う。
どうやってたどり着くか?というと、検索結果でAMPページがある場合、そのAMPページへのリンクが表示されるということ。
このページにはAMP版もありますよ。という感じ。
ダイレクトに来たユーザーにAMP版をどうしても見せたい場合は自らノーマル版のページの中にAMP版へのリンクを貼ってあげると良いでしょう。

AMPが出てきてもレスポンシブは不要ではないということ

検索結果にAMP版もあるよとでる程度なので、そのままノーマルページにアクセスしてくる人も大多数いると思われるので、レスポンシブデザインの継続は必須。

一層のことサイトまるごとAMP対応にしてやろうと思い失敗した

AMPの意味はわかったけど、以前、PCサイトと、ケータイサイトと2つ同じ内容のモノを別のデザインで作っていた時代には戻りたくない。
経験上、どちらかがおろそかになったりするのです。
その点、レスポンシブデザインは一括管理がとても楽になった。
2つ作る。あの時代には戻りたくない!ということで、すべてのページをAMP対応にしようと試みた。
果たしてどうだったか?

AMP対応ページ一本化作戦はAMPの癖が強くて撃沈です。

まず、画像の貼り付けが面倒。
タグが違いますから。でも、この辺だけであれば我慢できるのですが、問い合わせフォーム。formタグが使えるようになったとはいえ、いまいち、うまくいかない。この辺は、研究すれば済むことなのですが、ここで一つ気付いたことがあります。
AMPは検索結果に表示されたAMPページロゴやリンクを選んだ時に表示されるページ。
つまり、検索結果からいきなり、問い合わせページに飛んでくるのか?という疑問。
アクセス解析を見れば、ランディングページはどこのページが多いのか?は一目瞭然。
いきなり問い合わせフォームに入ってくるなんてせっかちな人はいません。
要するに・・・問い合わせページのAMP化なんてそもそも不要ではないですか!
だから、AMPという概念が生まれた当初はformが未対応あったのではないか?という予測が立ちます。
この点からして、AMPは全ページやればいいとかそういうモノではないですよ!という行間も読み取れる。

ということで、ランディングページになっていないページはわざわざAMP対応にするのをやめた。
でも、さらに問題が。
AMP対応ページと、AMP対応しないページ。これら、同じCSSの記述でも、なんだかズレる。対応していないCSSやHTMLタグが混在していると、AMPページでは反応していないものがこちらでは反応するので、結果的にズレが発生することも出てくるでしょう。

結論

素直に、今まで通りにレスポンシブサイトを作り、主なランディングページやコンテンツページのみ、AMPページを別途作る。
当初、嫌がっていた二刀流がベターだというところに帰ってきました。

ワードプレスのAMPプラグインでは記事ページのみ

ちなみに、ワードプレスの場合はプラグインでお手軽にAMP対応ページが生成されるようですが、記事ページのみがAMP化されるのが一般的なプラグインの機能のようです。
トップページやカテゴリーページなどはAMP対応ページが生成されない。
なんて中途半端な!と思ったけど、ランディングページの多くが記事ページですからね

思うに、グーグルがやりたいことは・・・

「コンテンツ」をユーザーのために軽量化してあげてください。というメッセージなのだと思います。コンテンツとは、外観や概要ではなく、中身。
ニュースサイトでいうところの記事ですね。それをAMPとしてGoogleサーバーでもストックしてスピード対応しますよ!ということ。
デザイナーがやるべきことは、主にランディングページになっているページをAMP対応して、AMPページから離脱されないように、うまく誘導させることだと思います。

AMPはもう一つのデザインというよりも・・・

イメージとしては、ウェブのテンプレートデザインを2種類作ると言うよりも、コンテンツの中に、より詳しく説明するために映像や、PDFや、スライドが埋め込まれて使われていることが多いですが、どちらかというとそちらに近い感じがします。
「こっちも見てみて」という感じにやや近めだという認識です。

業種専門ホームページ作成サービス 廃棄物処理業者編

ホームページ作成業者は業種専門になる 学生が起業するとき、なによりも人気のサービスがホームページ作成業になるのではないでしょうか? 20代で社会経験がない状態でコンサルタントは厳しい。クライエントが納得するわけもない。 手に職を付けるにしても学生時代に専門知識を身に...